加害者への対応について

自分が被害者であることを知ることが必要です

 自分が受けている被害を直視しましょう。自分がいかに不当に虐げられているかを,きちんと理解しましょう。
 どんな場合であれ,暴力を振るう側が正しいことなどありえません。
 まず,自分自身がDVの被害であることを自覚することが必要です。
 それが,自分自身の人生を取り戻すための第一歩です。

 DVの渦中にいるときは,被害者は勝手な加害者の言い分を許してしまいます。そればかりか,自分が変われば相手が変わるのではないかと,努力したりもします。
 こういう被害者の気持ちは加害者を増長させるだけなのです。
 加害者は被害者を支配することだけを目的にしているのですから,被害者が何をしようと満足はしないのです。

 あなたが,被害者意識をきちんと自覚することで,あなたが受けているDV被害をあなた自身で周囲に伝えて,周りの助けを求めることが必要なのです。
 一度,吹っ切れれば,後は大丈夫です。当事務所が万全にサポートします。

シェルターへの避難

 公的な一時保護施設や民間が運営するシェルターは,DVから逃げることを決断して,生命の危険などを回避して自分の今後の生活を落ち着いて考えるための重要な場所です。
 日本では公的な一時保護の機関(シェルター)としては「配偶者暴力相談支援センター」があります。

 入所にあたっては、概ね2週間といった規則や,中学生以上の男子とは同じ施設の入所が難しいなどの問題はありますが,福祉や警察など,DVに関連する他の公的機関との連携もあるので,積極的に利用するとよいでしょう。

 また、公的な一時保護施設から委託を受けてDV被害者と支援しようと活動している民間グループが運営するシェルターもあり,被害者の自立へのサポートを具体的に取り組んでいます。






【裁判所前主事務所(駐車場5台完備)】
〒252-0236 相模原市中央区富士見6-6-1 大賀ビル204
TEL 042-756-0971 FAX 042-756-0973
主事務所ホームページはこちら
相模原 債務整理・自己破産相談室はこちら